イタリアで「吸血鬼」の頭蓋骨、見つかる

芸能・タレント・お宝画像のブログ

プロフィール

アイドル 水着

プロフィール欄です。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

アイドル 水着

Sponsored Link

イタリアで「吸血鬼」の頭蓋骨、見つかる

[ローマ  12日 ロイター] イタリアの研究グループが、ベネチアで女性の「吸血鬼」の頭蓋(ずがい)骨を発見したことが明らかになった。骨が見つかったのは16世紀に流行した疫病の犠牲者らを埋めたラッザレット・ヌオーボ島の集団墓地。  この頭蓋骨の口の部分にはれんがが挟まれており、当時「吸血鬼」と疑われた遺体に対して施される行為と考えられている。  発掘調査をしたフィレンツェ大学の法医考古学者マッテオ・ボリニ氏は、この発見により、中世では疫病流行の背後には吸血鬼がいると信じられていたことが裏付けられたとしている。  ボリニ氏は、ロイターの電話インタビューで「考古学の発掘調査で吸血鬼に対する悪魔払いの儀式が明らかになったのは、今回が初めてだ。吸血鬼伝説がどのように生まれたのか知る手がかりにもなるのではないか」と話した。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090313-00000730-reu-int
吸血鬼の頭蓋骨 画像 吸血鬼の頭蓋骨 画像 吸血鬼の頭蓋骨 画像 吸血鬼の頭蓋骨 画像 吸血鬼の頭蓋骨 画像
ベネチアで「女吸血鬼」がい骨発見…悪霊払いの儀式も  【ローマ=松浦一樹】イタリア北部ベネチア沖の小島ラツァレットヌオボで、ペストが大流行した16世紀に「ドンナ・バンピーロ(女吸血鬼)」と見なされ、エクソシズム(悪霊払い)の儀式を施されたと見られる女性のがい骨が見つかった。ANSA通信が伝えた。  考古学者マテオ・ボリーニ伊フィレンツェ大教授らによる発見で、中世の墓地の遺跡から掘り出されたがい骨は、口の中にれんがが突っ込まれ、歯が粉々にされていた。  教授らの研究によると、中世のベネチア周辺では、ペスト患者が死後よみがえって人を襲ったためにペストが伝染する、との迷信があった。  このため、人にかみつかないよう死者の口にれんがを突っ込み、悪霊を払う儀式が行われることがあったという。  欧州では14〜18世紀にペストが大流行。患者が大量に血を吐いて死亡したり、掘り返された死体が口元の腐敗で牙をむいているように見えたりしたことから、吸血鬼伝説が広まったとされ、今発見は「伝説誕生の経緯を示す一例」という。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090313-00000953-yom-int
Sponsored Link

検索


サブコンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。