おしゃべりクソ野郎…再ブレーク有吉の“毒舌命名”

芸能・タレント・お宝画像のブログ

プロフィール

アイドル 水着

プロフィール欄です。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

アイドル 水着

Sponsored Link

おしゃべりクソ野郎…再ブレーク有吉の“毒舌命名”

おしゃべりクソ野郎…再ブレーク有吉の“毒舌命名” 最初はヒットに恵まれながらも、すぐ落ち目になっていく「一発屋」が芸能界にはゴロゴロいるが、中には返り咲く人もいる。最近の代表格は何といっても、お笑いタレント、有吉弘行だろう。  コンビ・猿岩石として、1996年に日本テレビ「進め! 電波少年」のヒッチハイク旅行でブレークしたが、まもなく人気は急降下。2004年に、ひっそりとコンビは解散した。 その有吉がピン芸人として再ブレークした大きな要因が、人にあだ名を命名する毒舌芸だ。  いくつか例を紹介すると、先輩・さまぁ〜ずの大竹一樹は「変態エロめがね」、三村マサカズは「ポンコツ人間」、評論家・宮崎哲弥氏は「インテリ原始人」、経済アナリスト・森永卓郎氏は「ケチタヌキ」−。  相手が女性でも容赦なく、ベッキーは「元気の押し売り」、南海キャンディーズ・しずちゃんは「モンスターバージン」といった具合だ。  その有吉が28日放送のTBS系「ザ・イロモネア」(土曜午後6時55分)の企画「グルモネア」に挑む。  ステージに用意されたターンテーブルの上を回転寿司のように流れてくる物や人をネタに、挑戦者の芸人らが瞬時に笑いに変えるという内容。観客100人から無作為で選ばれた5人の審査員のうち3人を1stから4thチャレンジまでは最低3人、ラストチャレンジで全員を笑わせれば賞金獲得、というルールで行われる。  「オヤジギャグ」「インタビュー」など5つのジャンルの中で、有吉が選んだのはもちろん「ニックネーム」。次々と現れる素人エキストラに、どんな傑作のあだ名をつけていくのか。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090227-00000018-ykf-ent
有吉弘行がつけたあだ名集 有吉弘行がつけたあだ名集 有吉弘行がつけたあだ名集 有吉弘行がつけたあだ名集 有吉弘行がつけたあだ名集
あだ名の命名 現在では有吉の代名詞とも言える「あだ名の命名」であるが、「アメトーーク!」2007年8月23日放送回において、有吉が品川祐に対して、「人の話題に乗って笑いを取る」「自分の知っている知識を人に話さずにいられない」という芸風を揶揄して『おしゃべりクソ野郎』通称『おしゃクソ』というあだ名を命名し、この一連の流れが笑いを誘った。その後、他番組でも「有吉が品川のことを『おしゃべりクソ野郎』と呼んだ」というエピソードが多く語られるなど次第に反響は大きくなり、ついには2008年3月13日放送の同番組で、この「おしゃべりクソ野郎」が、アメトーーク年間流行語大賞に選ばれた。 有吉自身は「皆さんの気持ちを代弁しただけです」と語った。 この「おしゃべりクソ野郎」は芸人仲間、特に先輩芸人からも高い評価を受けている。 関根勤:「素晴らしい!これ最高だよね」 ケンドーコバヤシ:「ぴったり!」 設楽統:「あの発言が有吉の再ブレイクのターニングポイント」 千原ジュニア:「アイツはホンマにおしゃべりクソ野郎なんすよ!100点やなぁ!!」 有吉のあだ名の命名は、再ブレークの大きな要因になり、「特に、タレントにあだ名をつけるのが天才的にうまい」「『クソ』、『野郎』が多いのが目につきますが、毒の含み具合が絶妙。」(芸能ライター)[4]、「有吉君の瞬時に、色んなあだ名を付けるっていうのは、すごい芸」(伊集院光)[5] 「あだ名芸人として活躍の場を広げている」(TV LIFE編集部)[6]と、内外から評価され、有吉のあだ名の命名は「芸」であるとの評価がなされている。 品川は「おしゃべりクソ野郎」のあだ名について「有吉さんと一緒だとまた『クソ野郎』と言われそうで怖くて喋れなくなる[7]」「この名前がついてから、アメトーークにアウェーを感じるようになった[8]」「テレビで有吉さんを見るたびにビクッとするようになった[9]」などとテレビ番組では否定的に語っている。2008年2月28日付の品川のブログでは「有吉さんと『仲悪いんですか?』とか言う奴がいる。めんどくせぇ。本番中に悪口言われるのは、ありがたいんだよ。」と語っており、テレビ的な演出と言える。「爆笑問題の検索ちゃん」など他番組で共演した際は品川が有吉に「有吉さん、この人にあだ名つけてくださいよ」と振ることもある。有吉自身は品川について「雛壇などでしゃしゃり出てきて大きな声を出し、カメラを独占するところが鼻につく」と言うものの、「嫌いではないし普通に仲は良い」との事である[10]。アメトーークの演出兼プロデューサー加地倫三に対して「(テレビにたくさん出れるようしてくれた)加地さんと雨さん(雨上がり決死隊)と品川に感謝です」という感謝のメールを送っている[11]。 その他、多くの芸人やタレントに対して毒を含んだあだ名をつけている。例えば、ネット配信番組『内村さまぁ〜ず』で2007年12月1日に配信された有吉フィーチャー企画「有吉の単独ライブを成功させよう」内の「即興ダジャレ大喜利」コーナーで、内村光良からの「得意だよね」とのフリを受けて「はい、(内村さんは)白メガネです」と即答。続けて大竹一樹を「変態エロめがね」、三村マサカズを「ポンコツ人間」とメインMC3人を秒殺、会場は大爆笑に包まれた。他にも上島竜兵に『豚の死骸』、肥後克広に『絞りカス』など。有吉の弁としては「世間一般の視聴者が持ってるイメージをお前らに教えてやってるだけ」とのことである[12]。一方で本音として「あだ名の命名は、お笑いとしての査定をされているようで嫌だ」と語っていたり、品川に対する「おしゃべりクソ野郎」がたまたまウケただけで、もともとあだ名を付けるセンスはないと自己分析している[13]。あだ名を付けることが定番と化してきた有吉だが、「最近中身もねぇ空っぽの連中からあだ名を頼まれて嫌になる」とも述べている[14]。 あだ名には、ワッキーの『クソスベリ芸人』、庄司智春の『筋肉クソバカ野郎』など、「クソ」や「野郎」が多いのが特徴。前者については「嫌いな相手に使う」とのこと[9]。ただし「有吉は周囲の人間の大半が嫌い」と雨上がり決死隊の宮迫に突っ込まれた。 その他にも「笑っていいとも!」の司会者であるタモリに対し、『昼メガネ』と命名したこともあった。 「日経エンタテインメント」2008年12月号によると、本人が一番気に入っているのはしずちゃんにつけた「モンスターヴァージン」(相方の山ちゃんに命名したあだ名は『汁男優』)との事である。 アメトークでの収録中、ベッキーに対して「元気の押し売り」というあだ名で爆笑を誘った。ベッキーは「もう帰りたい!」と本気で凹んでいた(それで爆笑した客席に対して、「笑ってるってことはそう思ってるんでしょ!?」とキレた)。[15]。 同じ収録中にいた関根勤も「説明ジジイ」と名付けられ関根自身は爆笑して気に入っていた。 有吉自身は小島よしおから「辛口クソ野郎、(略して)辛クソ兄さん」などと名付けられている[16]。 日本テレビの太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中では平沢勝栄に対して「エロカマキリ」、山本一太に対して「ハッタリ君」、宮崎哲弥に対して「インテリ原始人」、金美齢に対して「シルバーウルフ」、森永卓郎に対して「ケチタヌキ」、竹本直一に対して「なんだお前は」、早坂実に対して「ホステス殺し」、と命名した。同局で猿岩石時代にブレイクしたきっかけとなった『電波少年』のT部長こと土屋敏男に対しては「出たがり豚野郎」と命名した。 同じく日本テレビの秘密のケンミンSHOWにゲスト出演した際には、司会のみのもんたに対し「油トカゲ」と命名したが、同じ回にゲスト出演していた北島三郎のあだ名を付けるよう他のゲストから促された時には「さすがにそれはちょっと無理」と尻込みしていた。 サンデージャポンでユリーカにバイリンブスとあだ名をつける。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
“毒舌芸人”有吉弘行、山崎邦正に付けたあだ名は「実力不足」 人気お笑いコンビ・雨上がり決死隊が19日(木)、東京・六本木のテレビ朝日で冠番組『アメトーーク』のDVD完成披露発表会を開いた。会見には、番組の準レギュラーといもえる出川哲朗、ケンドーコバヤシ、有吉弘行ら人気芸人が集結するなか、サプライズとして番組初期にレギュラー出演していた山崎邦正が、セクシーランジェリーを身にまとい“邦正・オブ・ジョイトイ”として乱入。踊りながら「先輩の〜スベルとこ〜見てみてよ〜♪」と歌う山崎に対し、“毒舌あだ名芸人”として再ブレイク中の有吉は「実力不足!」と命名し、山崎をぼう然自失とさせた。 03年4月、深夜0時台の30分枠で『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーク!』としてスタートし、06年10月に深夜23時台に昇格。芸人たちの趣味、嗜好、共通点をディープに語り、そのマニアックさから“業界視聴率No.1”ともいわれている人気番組。会見にはDVDに収録された人気企画の代表として各芸人がプラカードを持って入場した。  昨今の“家電ブーム”の火付け役となった『家電芸人』の代表として登場した品川祐は「この企画のお陰で家電の仕事が増えた。最近は知り合いからおススメ家電を聞かれる」と放送後の“需要拡大”にしたり顔。アニメ『機動戦士ガンダム』について語り合う実験企画『ガンダム芸人』代表の土田晃之も「どんどんガンダム色が強くなって、今度『ガンダム』の本を出すことになった。よく(ガンダムの権利元の)サンライズがOKを出したなと思う」とニッコリ。  さらに、どん底の芸能生活から同番組を通じて“毒舌あだ名芸人”として再ブレイクした有吉も「“クソ上がり”さんの『クソトーーク』に出させてもらって良かった。人の悪口言ってるだけなのに」と感慨深げ。そんな有吉から“おしゃべりクソ野郎”という有難くないあだ名を命名された品川は「最近では“おしゃクソ”って略される始末。しかもウチの母親にまで“出しゃばりクソババア”って付けられた」と愚痴をこぼし会場を盛り上げた。  会見終了間際には、深夜30分枠時代にレギュラー出演していた山崎が真っ赤なセクシーランジェリーを身に付け突如乱入。現在レギュラー出演していない山崎は「オレの公式プロフィールには『ガキの使い』と『アメトーーク』って書かれてるんや!」と憤慨し、強引にオリジナルダンスを踊り会場の失笑を買った。一級品の“スベリ芸”を披露した山崎に対し、有吉が吐き捨てるように「実力不足」とあだ名を命名すると、宮迫博之は「あー腹痛い。アンタいったい何しにきたんや」と満足気な表情で尊敬する先輩芸人の“生き様”を見つめていた。  『アメトーーク』DVDは、3月25日(水)に3巻同時発売。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090219-00000003-oric-ent
Sponsored Link

検索


サブコンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。