クリスティン・クルック 『ストファイ』ゲームの衣装で格闘はムリ!?

芸能・タレント・お宝画像のブログ

プロフィール

アイドル 水着

プロフィール欄です。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

アイドル 水着

Sponsored Link

クリスティン・クルック 『ストファイ』ゲームの衣装で格闘はムリ!?

春麗を演じる米新鋭女優、『ストファイ』ゲームの衣装で格闘はムリ!? 海外でも爆発的な人気を誇る日本の格闘ゲーム『ストリートファイター』が、人気No.1キャラクターの春麗(チュンリー)を主人公にハリウッドで実写映画化された。その『ストリートファイターザ・レジェンド・オブ・チュンリー』(2月28日公開)では、米新鋭女優のクリスティン・クルックが体当たりで主人公を好演している。 日本だけでなく、80〜90年代にかけて北米でも若者たちの支持を集めていた格闘ゲーム『ストリートファイター』。82年生まれのクルックは、自らはあまりゲームをしなかったものの、友人たちが遊んでいたのを覚えているという。日本ではゲームファンから絶大な人気を誇るそのチュンリーの役にも、自然体で挑んだ。 「役のお話をいただいたときに、日本の人気ゲームの映画化作品ということは知っていました。これまでにもドラマ『ヤング・スーパーマン』のヒロインなど、人気のあるキャラクターを演じてきていますが、そのことで特別なプレッシャーを感じたことはありません。アクション映画なので楽しみにしていました」  ゲームのチュンリーは青いセクシーなチャイナドレスを身に着けているが、残念ながら劇中ではその衣装はみられない。 「とてもピッタリとフィットしていて美しいんですけどアクション向きではないですよね(笑)。映画のなかではハーネスを付けたり、敵と激しく戦ったりしますが、その衣装ではできないので……。オマージュとしてその雰囲気がある衣装は着ていますのでお楽しみに(笑)」  本作では、幼少の頃から大人になるまでのチュンリーの成長する姿が描かれる。チュンリーは、愛する父親、家族への思いを胸に秘め、自らの復讐と虐げられる人々のために戦う。クルックはそんな彼女をどういう女性と理解し、なにを感じて演じていたのだろうか。 「情熱的で強い女性です。とくに貧しい人たちに対してとても優しく、彼らを守ろうという強い意志があります。私は、女優として新しいキャラクターを演じるときは、その役柄になりきって、感じていることをそのまま演じようと思っています。この役のために特別に何か新しいことはしていないのですが、チュンリーが感じている怒り、憤りは格闘のシーンに現れていると思います」  そして、この映画を通して女優として身に付けたこと、この先も活躍し続けるために必要なこととは。 「自分がとても強くなったと思います。(この役を演じてから)自分が信じていることについて、立ち上がろうという気持ちが強くなりました。なので、私にとって今回の経験はとても大事なものです。女優にとってまず必要なのは勇気を持って前に進むこと。それから人とのつながりをずっと作り続けること。そして、仕事をとてもとても楽しむこと。10人の前で演じるときも、大きなステージで大勢の人の立つときも、とにかく今やっていることを楽しむことが大切だと思います」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090227-00000010-oric-ent
クリスティン・クルック 画像 クリスティン・クルック 画像 クリスティン・クルック 画像 クリスティン・クルック 画像 クリスティン・クルック 画像
「ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」主演クリスティン・クルックを直撃 [eiga.com 映画ニュース] 87年の第1作の発表以来、対戦格闘ゲームのスタンダードとしてファンを魅了してきた「ストリートファイター」シリーズ。同シリーズの中でも抜群の人気を誇るキャラクター、中国の美人格闘家・春麗(チュンリー)が遂に実写映画になった。バイソン、バルログ、ベガ、元といったキャラも出演の「ストリートファイター/ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」で、春麗役として見事なアクションをキメたクリスティン・クルックに話を聞いた。 82年生まれ、カナダ出身のクルックは今回が初来日。父親がオランダ系、母親が中国系と、エキゾチックな雰囲気を感じさせる彼女は、大きな瞳を輝かせながら撮影を振り返る。「アクションは初体験だったけれど、とても楽しかったわ。ワイヤーアクションをこなせたのも、子供の頃に体操と空手を習っていたのがすごく役に立ったと思う。ただ、アクション監督のディオン・ラム(『マトリックス』3部作等に参加)が完璧主義者で、技がキマるまで同じ動きを何度もやらされちゃった(笑)」  撮影開始の5週間前から、スタントチームとバンコクに入り、アクションのトレーニングを積んだという彼女。それは週に5日間、1日4時間に及んだという。「監督含めて全員が意識していたのは、“この作品はアクションが本物でなければ成立しない”ということ。だから見どころは、とにかくファイトシーン! 春麗とライバルたちのバトルシーンをぜひ見てほしい。何といってもこれは『ストリートファイター』の映画なんだから」  裕福な家庭で育った令嬢が、なぜ路上で闘うファイターとなるのか? 劇中では、ゲームの“エピソード0”的な物語が展開されていく。「アクション映画としてはもちろん、ゲームのファンはぜひ彼女のバックグラウンドを楽しんでほしい。ゲームの最新作(『〜IV』)も発売されたばかりでしょ? すごいタイミング、まさにプラン通りよね(笑)」  「ストリートファイター/ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」は、2月28日より全国公開。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090227-00000007-eiga-movi
Sponsored Link

検索


サブコンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。