初音ミク「桜ノ雨」で卒業式…ネットで登場、希望殺到

芸能・タレント・お宝画像のブログ

プロフィール

アイドル 水着

プロフィール欄です。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

アイドル 水着

Sponsored Link

初音ミク「桜ノ雨」で卒業式…ネットで登場、希望殺到

初音ミク「桜ノ雨」で卒業式…ネットで登場、希望殺到  仮想アイドルに少女のような声で自由に曲を歌わせることのできる音楽ソフト「初音(はつね)ミク」が、音楽シーンに小さな変化を生んでいる。  ミクを使った無名の作者たちの曲が、インターネットの動画投稿サイトで人気を呼び、CD化されるケースも出ている。  このうちの1曲、卒業前の切ない思いを歌った「桜ノ雨」は、全国の学校から「卒業式で歌いたい」と申し出が殺到、今春の卒業式シーズンには全国80校以上で合唱される見通しだ。  −教室の窓から桜ノ雨 ふわりてのひら 心に寄せた みんな集めて出来た花束を空に放とう−−  千葉県八千代市の八千代松陰高の体育館で24日開かれた卒業記念コンサート。全校生徒約2000人と一緒に壇上で歌うのは、この曲で昨年11月にメジャーデビューを果たしたバンド「absorb」(アブソーブ)の3人。リーダーの森晴義さん(27)は「1年前はこんなことになるとは思いもしなかった」と振り返る。  3人が初音ミクのソフトで作った「桜ノ雨」を音楽や映像を流すことのできる動画サイト「ニコニコ動画」に投稿したのは、まだ無名だった昨年2月。それまでもバンド活動はしていたが、さっぱり売れず、居酒屋のバイトなどで食いつないできた。  ミクを使ったのは「たまには女の子の声が似合う曲を」との軽い気持ちからだったが、反響は大きかった。同サイトには「泣けてきた」「最高!鳥肌もの!」などの書き込みが殺到。閲覧数も8か月で100万を超え、念願のデビューも果たした。  森さんは「ミクと動画サイトは、無名だった自分たちに大きなチャンスを与えてくれた」と感慨深そうだ。  ミクで作られた曲はネット上の注目度が高く、レコード会社がCD化に踏み切ったケースはほかにも。2人組のユニット「livetune」のアルバム「Re:package」は昨年9月にオリコンランキングの5位を記録。来月にはネット上で人気の出たミク関連の15曲を収めた「Vocarhythm」などアルバム2枚も発売される。  ミクを開発した札幌市のソフト会社「クリプトン・フューチャー・メディア」では、ソフト購入者がミクで作成した楽曲をネット上で自由に公開することを認めている。同社の伊藤博之社長は「著作権でがんじがらめにしたら文化は育たない。ミクと動画サイトの存在が新しい才能の追い風になってくれたら」と話す。  ほかにも、人気歌手Gacktさんの声を使った「がくっぽいど」など多数の歌声制作ソフトが発売され始めており、「こうしたソフトを使って作曲したことのある人は10万人を超える」(ヤマハミュージックメディア)との見方もある。  ネットにも詳しい音楽評論家の円堂都司昭(としあき)さんは「大手レーベルに所属して発表の機会を得ていくという従来のスタイルは、ネットや初音ミクのようなソフトの登場で変わっていく可能性がある。ネット発でスターが生まれる傾向は海外でもみられるが、初音ミクのようなキャラクター自体を面白がる風潮は日本独特かもしれない」と指摘している。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090225-00000578-yom-ent
absorb - Sakura no Ame [PV] 【企画第3弾】 桜ノ雨 - the - Movie 【リアル合唱】 初音ミク 桜ノ雨
ネット発の卒業ソング、absorb「桜ノ雨」を大合唱! 動画投稿サイト、ニコニコ動画で火がついた、卒業ソング「桜ノ雨」を歌う3人組ユニット、absorb。2月24日、八千代松蔭高等学校で開催された卒業記念コンサートに参加し、アンコール1曲含む全7曲を熱唱!  コンサートへの参加のきっかけは、“「桜ノ雨」をみんなで合唱しよう!”と、昨年2月にネット上で立ち上がった“桜ノ雨プロジェクト”。同校の教諭から、生徒達と一緒に歌ってもらいたいとオファーがあり実現する運びに。  ステージに登場したabsorbは、同校の合唱部51人と一緒にステージ上から自ら「桜ノ雨」を合唱指導、体育館に集まった全校生徒2,000人を巻き込んで大合唱!合唱中には涙する生徒も見受けられ、念願の学校コンサートを成功させたabsorbの3人は、「学校で桜の雨が歌えて本当に嬉しいです。昨年2月にニコ動からスタートし、こんなに広がるとは思いませんでした。毎年卒業式に歌ってもらいたいです」とコメントしています。  なお、この“桜ノ雨プロジェクト”には、現在、全国の学校83校が賛同。新たな卒業ソングの定番「桜ノ雨」に注目です! http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090225-00000012-cdj-musi
「ニコニコ動画」で話題のバンドabsorbが2,000人と大合唱 「ニコニコ動画」で話題のボーカロイドソフト・初音ミクとのフィーチャリングCDを昨年11月に発売した男性3人組ユニット・absorb(アブソーブ)が23日(火)、千葉県の私立高校でライブを行った。約2,000人の生徒とともに彼らの代表曲「桜ノ雨」を大合唱するなど、会場は和やかな雰囲気に包まれ、ギターの中村博は「エネルギーがすごくて、“体感し得ないもの”を体感しました」と満足げに語った。 動画サイトに投稿された「桜ノ雨」に感銘を受けた人たちによって「この楽曲を全国の学校の卒業式に広めよう」と企画されたボランティア運動である「桜ノ雨プロジェクト」。全国から寄せられた「卒業式で歌いたい」という要望を受け、この日、卒業記念コンサートとして開催された。  ボーカル&ピアノの森晴義は「実際に学生に集まってもらって、こみ上げるものがありました」と感激した様子で「僕らが楽譜に込めた願いをキチンとくみ取ってくれて、ここまでやっていただけたのは初めてでしたので大変嬉しかった」と満面の笑み。また、ライブに駆けつけた生徒たちは「メロディーが良くて、今までにない卒業ソングでした」と清々しい表情を浮かべた。  今後のバンドの活動について、森は「インターネットのツールやサイトとかには常にアンテナを張り巡らせているので、面白いものがあればすぐに飛びついて新しいことをしたい」と意気込みを語っていた。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090224-00000018-oric-ent
オリコン・ラインキング32位初登場の曲が密かに話題沸騰中 12月8日付のオリコン・シングル・ウィークリー・ランキングに32位で初登場した、absorbが歌う「桜ノ雨」。その楽曲にフィーチャリング・ヴォーカルとして“参加”している初音ミクが、いま熱い。 初音ミク。 正確な正体は知らずとも、初音の名前を耳にしたことのある読者も多いことだろう。 初音ミクとは、2007年にクリプトン・フューチャー・メディアから発売された音声合成・デスクトップミュージック (DTM) ソフトウェアで、そのイメージ・キャラクターの名称なのだが、今やその範疇に留まることなく、関連CDが次々と発売されるなど初音ムーブメントが起きている。 ボーカロイドソフト「初音ミク」は、バーチャル・アイドルをプロデュースするようなコンセプトで製作されたこともあり、発売直後から当初想定していた反響と販売数を遥かに超え、秋葉原の楽器店を中心に都内の楽器店から一時期品切れ状態になり、ネット・オークションでも価格が3倍以上に急騰する事態になった。 このソフトには非常に高い表現力が含まれており、操作をする人によって仕上がりが違い、この合成処理をどのようにして自然に表現するかが腕の見せどころでもある。個人主催の楽曲発表のクラブイベントも開催され、初音ミクのブームは加速し一時期の秋葉原には店頭のテレビに初音ミク関連の映像や楽曲を流す店舗が続出していた。2008年の夏で発売から一年が過ぎ、嵐のようなブームは過ぎ去ったかもしれないが、本来の音楽制作ツールとしての需要は終わっていない。 初音ミクを題材とした音楽パッケージが続々と発表され、2008年8月には遂にメジャーレコード会社からも音楽ユニット、livetuneが livetune feat.初音ミク名義で『Re:package』というアルバムをリリースした。ジャンルとしてはハウス・テクノ・ポップ。一般流通のメジャー・アルバムで初音ミクのイメージ・キャラクターと名称を使用したものは、この『Re:package』が初めてだった。 そうしたなか、“卒業”をテーマにした楽曲「桜ノ雨」というシングルで11月26日にメジャー・デビューしたギター&ヴォーカル・ユニット、absorbが注目を集めている。 この楽曲自体は発売前から話題を呼び、既に動画投稿サイト「ニコニコ動画」では100万回以上の再生があり、ユーザーが歌唱したデータを集めネット上で「バーチャル合唱」を披露する企画や、ブラスバンド・アレンジをユーザー間で詰めていく企画など、異例の現象が起きているのだ。 「桜ノ雨」は、absorbのオリジナルに加え、初音ミク・ヴァージョンが収録されたスプリット・シングル。原曲の良さはもちろんのこと、「桜ノ雨」 absorb feat.初音ミクのクオリティは非常に高い。この初音ミク・ヴァージョンはバンド・メンバー自らエディットし収録されている。 単にヴォーカル・パートが初音ミクになっただけでなく、楽器演奏もDTMで表現された、絶妙な質感や曲全体を考慮し本作を、ぜひ聴いていただきたい。 12月3日には、OSTER projectがお勧めする渾身の一作「みくのかんづめ」OSTER project feat.初音ミクも発売される。この作品は同氏企画製作の「恋スルRADIO」仕様となっており、曲間に初音ミクのフリートークが収録されている。 “初音ミク”は瞬く間にブームを起こし、2008年夏には公式サイト「ミクモバ」がオープン、2009年にはゲーム化を控えている。今後どのような展開が待っているのか?まだ誰も知らないポテンシャルを秘めた“アーティスト”としてブームは続きそうだ。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081203-00000383-bark-musi
Sponsored Link

検索


サブコンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。