ネットがきっかけで知り合ったイマドキのカップル事情とは?

芸能・タレント・お宝画像のブログ

プロフィール

アイドル 水着

プロフィール欄です。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

アイドル 水着

Sponsored Link

ネットがきっかけで知り合ったイマドキのカップル事情とは?

世間は折りしもバレンタインデー〜ホワイトデーの恋愛月間で、否応なしにおのれの孤独を再確認せざるをえなくなる今日このごろ。 しかし、出会いがありません。 国立社会保障・人口問題研究所の第13回出生動向基本調査(独身調査)によると、独身男性(18〜34歳)の52.2%は「交際している異性はいない」んだそうです。この数字、「友人として交際している異性がいる」(14%)という数を除いて、ですよ。つまり、恋人であれ友達であれ異性と全くお付き合いのない人が、独身男性の半数以上を占めているというわけです。 普通に考えて、日々新しい人に出会う業務や、取引先など人の出入りが激しい職場ならともかくですね、大学を出て就職して数年も経つと、公私ともに人間関係が固定されがち。しかも、我々20代〜30代前半の男は一部のマスコミが言うところの「草食系男子」ですからね。 出会いがないからとはいえ、仕事で出会った女性にアタックするのは相手に迷惑がかかりそうだし、とはいえ積極的に合コンや結婚式の2次会でがっつきたくもない。 かくなる上は…出会い系? ほら、最近出会い系サイトやSNSなんかのネット上の「出会いの場」で知り合って、結婚までしちゃったという話をチラホラ聞きませんか? 実際にこのR25.jpのパーソナリティの中にも、今の奥さんと出会い系で知り合って結婚したという方がいるんですよ。 「ぼくは平気ですけど、妻があんまり名前を出してほしくないみたいなので匿名でお願いしますね」とはパーソナリティS氏。 「もともと前の彼女にフラれて自暴自棄になったのが始めたきっかけです。女遊びのつもりで始めた出会い系でしたけど、やっているうちに『サイトは初めて』という妻に出会ってですね、住所も一駅しか離れていない近所だったので運命的なものを感じて、真面目に交際しました。きっかけはサイトでも、実際に会ってからは普通の恋愛と何ら変わりはないですね」 ほほう。とかく犯罪や援助交際、美人局(つつもたせ)など、マイナスイメージがつきまとうネットでの出会いですが、一方でこうしてキチンと付き合ってる人もいるんですね。 ちなみにゼクシィ結婚トレンド調査によると、「出会いのきっかけがネット」という人はここ7年で平均4.7%。また、リクナビNEXT Tech総研の既婚エンジニア600人アンケートでも、全体の5.7%が「出会い系サイト」で知り合って結婚しているのだそうです。600人の5.7%といえば約34人ですよ。 また、前出・第13回出生動向基本調査(夫婦調査)の「出会いのきっかけ」では、まだ「ネットで知り合った」という項目がないものの、「その他」の項目がここ10数年で3倍以上増加(1992年2%→2005年6.8%)しているのが気になるところです。 ともあれ、現に5%前後の人たちがネットで知り合って結婚しているようですから、カップルとなると、もっと多いと類推しても間違いではない? 果たしてこの数字を多いと見るか、少ないと見るか。あなたならどう思います? (R25編集部) ※コラムの内容は、フリーマガジンR25から一部抜粋したものです http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090220-00000023-rnijugo-ent
Sponsored Link

検索


サブコンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。