「中川大臣酩酊してませんか」 会見出席記者なぜ質問しない

芸能・タレント・お宝画像のブログ

プロフィール

アイドル 水着

プロフィール欄です。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

アイドル 水着

Sponsored Link

「中川大臣酩酊してませんか」 会見出席記者なぜ質問しない

「中川大臣酩酊してませんか」 会見出席記者なぜ質問しない 中川財務相のヨレヨレ記者会見で、各メディアの記者が財務相の変調について質問しなかったことが、新聞「声」欄などで批判されている。財務相がワインを飲んだ会見直前の昼食では、記者数人が同席したことも明らかになった。質問が出なかった理由は不明だが、「自主規制では」との指摘も出ている。 ■マスコミの自主規制?   「居眠り会見で 記者にも不信」  こんな投書が、朝日新聞の2009年2月18日付「声」欄に載っている。  投書したのは、千葉県在住の無職男性(70)。その中で男性は、G7終了後の会見では、中川昭一財務相(当時)の居眠りよりもむしろ、各メディアの記者たちから体調についての質問が出なかったことの方が驚いたと明かした。  ニュースの映像をみれば体調の異変は一目瞭然なのに、記者たちは何をしていたのか、というのだ。男性は、以前から国民が知りたいことでなく、ささいなことを記者が質問して政治家などに媚びているように感じていたと告白。今回のヨレヨレ会見について、「『記者団には戸惑いが広がった』(16日朝刊)とあるが、その『戸惑い』が質問として出ないことが不思議だ。私の不信感は更に募った」と結んでいる。  では、なぜ会見で記者たちは、中川財務相の体調について質問しなかったのか。財務相の名誉毀損になりかねないためか、プライベートなことを聞くのを遠慮したためなのか。  いくつかの大手の新聞社やテレビ局に、J-CASTニュースが取材すると、「その件については、コメントしていません」という回答ばかりだった。  ジャーナリストの上杉隆さんは、政治家との関係や記者クラブの存在が背景にあるとみる。   「マスコミの自主規制じゃないですか。大臣の機嫌が悪くなるからです。それがずっと続いていて、習慣になってしまっていますから」 ■ワイン会に同席も質問せず  ヨレヨレ会見を巡っては、各メディアの記者数人が、中川財務相がワインを飲んだ会見直前の昼食に同席していたことも明るみに出た。  毎日新聞の2009年2月18日付記事によると、財務省の国際局長が女性記者だけに声をかけ、宿泊先だった高級ホテル内のレストランに特別に招いたというのだ。中川財務相は、海外出張では、なぜか女性記者だけと毎回、飲食会をしていたという。  とすると、財務相がワインを飲んでいたことを知っていながら、会見では質問しなかったということなのか。  これに対し、読売新聞は、18日の記事で、同行記者が昼食会に同席したことは認めたうえで、「中川氏が飲酒しているところは確認していない」と弁明している。また、ネット上で名前の挙がったある民放キー局では、J-CASTニュースの取材に、記者が同席したかどうかも含め、「特にコメントすることはありません」と回答している。  もっとも、すべての記者が呼ばれたわけではない模様で、毎日新聞は、男性記者だったのか、18日の記事で、「毎日新聞の記者は、中川氏との会合には、いずれも出席しなかった」としている。この日のコラムでは、「身びいきと言われるかもしれないが、この愚行を大新聞の社説で最初に厳しく質したのは毎日新聞だけだった」とも言っている。  しかし、なぜ毎日記者が会見で質問しなかったかについては、「記事に書いてある以上のことは、説明することはありません」とだけJ-CASTニュースに答えている。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090218-00000004-jct-soci
<中川財務相>G7昼食会抜け出し、同行記者とワイン  「薬の飲み過ぎ。酒の影響ではない」−−。ローマG7での「もうろう会見」で17日引責辞任した中川昭一財務・金融担当相は、最後まで原因はカゼや腰痛など薬の併用だったと強調した。しかし、G7閉幕後の内外記者会見の直前、同行の記者らと会食してワインを口にしていた事実も判明するなど、疑惑は深まるばかりだ。 中川氏はG7出席のため13日昼、羽田発の特別便に搭乗。同行筋によると、機内のファーストクラスの席でカゼ薬などを多めに飲んだ上、酒も飲んだという。  約13時間のフライトを経て同日夕(現地時間)にローマに到着。直後のガイトナー米財務長官との初の日米財務相会談やG7夕食会は無難にこなした。その後、中川氏は男性新聞記者など「親しいひとたち」(中川氏)とサンドイッチをつまみながら、ジントニック3〜4杯を飲んだ。その際、睡眠薬を服用したという。  深酒のためなのか、睡眠薬のせいなのか。同行筋によると、翌14日午前8時15分からイタリア経済・財務省で始まったG7会合の際には、体調がひどく悪い様子だったという。  G7昼食会でもワインが出たが、中川氏は「口はつけたが、ゴックンはしていない」と説明している。  ただ、中川氏は午後1時50分まで予定されていた昼食会を1時ごろに途中退席し、宿泊先の高級ホテル「ウェスティン・エクチェルシオール」に戻った。  予想外の行動に財務省同行筋は対応に追われたが、中川氏はホテルの1階のイタリアレストラン「ドニー」に移動、財務省の玉木林太郎国際局長や日本から取材で同行した女性記者、イタリア人通訳など数人で会食した。  レストランの支配人によると、中川氏らは午後2時ごろから、ビッフェ形式のサラダとパスタとともに赤のグラスワインを注文。中川氏はここでの飲酒について「本当に口をつけた程度」と話す。  中川氏は、女性記者らとの会食について「たまたまそこにいて、話を聞かれたから」と説明したが、中川氏は昨年9月の財務相就任以降、G7などの海外出張では同行の女性記者を集めて飲食を行うことが恒例化していた。今回のG7でも、中川氏と麻布高校の同期で、東大法学部の同窓でもある玉木局長が一部の女性記者を招いたという。  「約30分ほど」(レストランの支配人)だった飲食後に中川氏は午後2時50分から約15分、同ホテル内でロシアのクドリン財務相と日露財務相会談に臨んだ。この際、麻生太郎首相を「麻生大臣」と言い間違えるなど、言動に不安定さもみられた。  その後、部屋に戻り30分ほど財務省幹部らと打ち合わせをした。中川氏は「打ち合わせは仕事であり、酒を飲むことはない」としている。だが、午後3時45分からの内外記者会見の前にはすでにろれつが回らない状態だった。政府・与党からも「あんな状態の中川氏になぜ会見させたのか」と財務省の対応を疑問視する声も出ているが、「G7という世界が注目する会合であり、すでに会見の時間も設定されていた。欠席させればよかったというのは後知恵で、とうていできる状態ではなかった」(幹部)と財務省は説明している。  毎日新聞の記者は、中川氏との会合には、いずれも出席しなかった。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090218-00000005-mai-pol
Sponsored Link

検索


サブコンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。