ひとり・あかね結婚会見

芸能・タレント・お宝画像のブログ

プロフィール

アイドル 水着

プロフィール欄です。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

アイドル 水着

Sponsored Link

ひとり・あかね結婚会見

【ひとり・あかね結婚会見】(1)第一印象は…本当に最悪 2年越しの恋を実らせた、劇団ひとりさんと大沢あかねさん。ひとりさんは薄い灰色のスーツ、大沢さんは白いドレスで登場した。はにかみながら臨んだ記者会見での一問一答は以下の通り。      ◇  ひとり「(カメラマンが目の前で体勢を崩して)大丈夫ですか?人の記者会見でけがしないでくださいね!本当にこういうときに気の付く夫婦ですね。2月17日に2人は婚姻届を出しまして、無事に受理され夫婦になりました。若輩者の2人ですが、今後とも末永くよろしくお願いします」  大 沢「このたび、世界で一番大好きな彼と夫婦になることができました。この喜びをファンのみなさん、スタッフに報告したいと思います」  −−2人の第一印象は  ひとり「(顔をしかめ、泥酔の振りをして)だめだ!ちょっと風邪薬を飲み過ぎて…。はっきり覚えていて、そのときに、僕は滝川クリステルが大好きだったんですね。とあるバラエティー番組で、僕が滝川クリステルと結婚したいんですよと話をしたら近くに大沢さんがいたんですよ。『お前なんか滝川クリステルと結婚できないよ』『そうですかね』と。それで『僕は大沢あかねレベルですかね』という話をして笑いをとった感じだったんですが、結局それが本当になってしまった」  大 沢「ひどい話ですよ。彼の第一印象は本当に最悪でした」  −−はじめからあかねちゃんと結ばれる運命だったんですね  ひとり「ああはい、そうだといいです。あの、滝川クリステルの話、もうやめましょうか」  大 沢「あまりいい印象ではなかったですね。いくらバラエティー番組でも、『大沢あかねレベルの女としか付き合えない』といわれたら女心傷つけられました」  −−いまはラブラブですが、何と呼び合っていますか?  ひとり「僕はこうみえて亭主関白ですから、『あかね』とか、『あかねたん』とか」  大 沢「わたしも省吾(ひとりの本名)たんと」  ひとり「基本、省吾なんですが、テンションあがると省吾たんと」  −−どなたに一番いまの幸せを伝えたい?  ひとり「2人でデートしたマザー牧場で、付き合う前ですよ、すげえ中学生に囲まれたんですよ。20〜30人いましたかね。そのとき、一人が『マスコミに言うぞ!』と。そうしたら3週間後ぐらいに本当に記事になったんですよ。それからいろんなことがゴチャゴチャしたんですが、だからあの子に伝えたいですね。逆にあれがきっかけで、発覚というか、話し合いの場がもたれたりして、結婚の話が進んだようなものですからね。ありがとね」  大 沢「私はやっぱり、育ててくれた母親に一番に伝えたいですね。女手一つで育てるのは楽ではなかったんですが、一生懸命愛情をもって育ててくれたので、おかあさんと陰ながら応援してくれたおじいちゃんに伝えたいです」 ひとり「でも、お母さんと娘の話が本になっていたら、すごい読みやすいんだろうなあ。2人のなれそめなんかも入っていたりしてね」  《実は、大沢あかねが自伝「母ひとり、娘ひとり」を出版したばかり。その本を、ちゃっかり宣伝…》  −−なんてプロポーズを?  ひとり「オーソドックスですが、結婚しようって」  大 沢「何気なく2人で会話しているときにいきなり結婚しようって」  ひとり「付き合ってすぐです。一昨年の夏ぐらい。僕のなかでは結婚しようと整理がついていて、いきなり唐突に『結婚しよう』って言ったんです。そしたら彼女は『うん、いいよ』って。彼女のなかでは、いつか結婚しようという言葉にとられたらしくて、僕が『いいの?』って言ったら『今すぐ?』って驚いてました」  −−そこから時間がかかったのは?  ひとり「タレント同士というのはいろいろ難しいなと。話したいんですけど、内容のほとんどが愚痴なので…。そもそも、ずっと彼女がいないときがあって、次できた彼女と結婚するんだという思いがあったので、付き合ってくださいと言ったときに結婚しようと」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090217-00000611-san-ent
【ひとり・あかね結婚会見】(2)初デートで携帯電話をなくし…  −−どんなところにひかれた?  大 沢「私も決めていました。(ひとりは)何事に対してもすごく真摯(しんし)で、どんな些細(ささい)なことでも真剣に向かい合って、話し合ってくれる人なので、そういう真摯さにひかれました」  ひとり「とにかく一緒にいて楽しいことですかね。それまでも何人とデートしたことあったんですが、会話が盛り上がらなかった。だから1回デートしても2回目会いたいとは思わなくて。でも彼女の場合は会話が途切れることがなく、どこに何をしに行っても楽しかったので」  −−プロポーズの場所は?  ひとり「代々木のマンションです」  大 沢「地名はいいから。自宅です。普通に会話してたんですよね。テーブルの上に肘をつきながら。そのときに、いきなり『結婚しよう』って」  −−その時もテンションが上がっていた?  ひとり「そうですね、あかねぴょんぐらい」  −−どんな時にテンションが上がる?  ひとり「いやあ、旅行が好きなので。彼女が韓国好きなので、旅行行ったりしたよね」  大 沢「旅行のときは、省吾たんって遠くから行っても気づかれないので」 ひとり「省吾たんむにだ〜ってね」  −−今日は指輪をされていないが?  ひとり「僕の不手際なんですが、指輪が間に合わなくてね。いま製作中なんです。でも芸能人同士の結婚って、指輪をパチパチとやるじゃないですか、あれを彼女に経験させてやりたいんですよ。すみません、空だきで結構ですから(白い紙の指輪をはめる。カメラマンから激しいフラッシュ)」  ひとり「仮なので、『仮』と書いてあります。紙でできてます。よかったね、経験できて」  −−入籍したときの気持ちは?  ひとり「紙切れ1枚とよく言いますけれど、あんなに重たい紙切れはない。提出するまで、タクシーで(役所に)10分ぐらいで着いたんですが、期間にしたら1年半ぐらいかかったので」  大 沢「12時明けてすぐぐらいに2人で、役所の方にいって(出しました)。区役所の担当の方が、彼のことは気づいたみたいなんですけど、私のことは全然気づいてくれなくて、彼にだけ『おめでとう』と。それがちょっと寂しかった。でもこれでやっと夫婦になったんだなという実感がすごくわいてきて、ようやく幸せをつかんだなという感じでしたね」  −−あかねさんの方から好きになったという話だったが  大 沢「私から好きになりました。最初はすごく印象が悪かったんですが、たまたまガレッジセールの川田(広樹)さんが3人でモツ鍋を食べようと誘ってくれたんですが、そのときはすごく話が合って。『女の人とデートをしていてもなかなかいい人がいないんですよねえ』なんて話してると嫉妬(しっと)している自分がいて、これはもしかして恋なのかな、と。それで彼に『今度デートしませんか』とメールしたら、いいですよと返ってきて。そこからです。すみません、照れますね」  −−その時、男としてテンション上がりました  ひとり「1回目のデートの時はそんな感じじゃなかったです。ネタができて(踊る!)さんま御殿!!とかでしゃべれたらいいなと。でもそのデートがやけに楽しかったので、2週間後ぐらいに次のデートにいってましたね」  −−最初のデートはどこに  ひとり「横浜の中華街」  大 沢「それと夜景がきれいにみえるお気に入りの場所があって」  ひとり「夜景がすごくきれいだと連れて行かれたんですけど、その日はすごくスモークがかかっていて、イマイチきれいじゃなかったですね。帰ろうとして車のエンジンをかけたら、『携帯落とした』と。そういうハプニングがあると恋って火がついたりするじゃないですか。一緒に探して、見つかった、やったね、なんて」  −−どんな家庭を作りたい?  大 沢「ありふれた言葉ですけれど、温かくて、お父さんとお母さんになったら尊敬されるような」  ひとり「子供は何人ぐらいほしいですか?」  大 沢「少ないよりは多い方が」  ひとり「7〜8人?」  大 沢「7〜8人ぐらいでいいですかね。劇団7〜8人」  −−お母さんに伝えたときの様子は?  大 沢「つきあってすぐに彼が、『僕と付き合っていることをちゃんとお母さんに報告してくれないか』と」  ひとり「プロポーズした次の日じゃん」  大 沢「そうそう。そうしたらお母さんが『あんた劇団の『げ』の字も言うてへんかったじゃん』とすごい大声。これから長いお付き合いになると思うので会ってくれないかと(母に頼んだ)。そうしたら会話がはずまず…、大変な食事会でしたね、1回目は。お母さんは気合いいれてシースルーの黒の服を着てきて」  ひとり「でもいまはすっかり仲良くなって、よくパチンコの“冬ソナ”の話をして、盛り上がってます」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090217-00000622-san-ent
【ひとり・あかね結婚会見】(3)完 大沢親分が「頼むな」と一言 −−挙式の予定は  大 沢「いまは考えてないです。こうして報告できただけでも十分幸せです。記念館とかで写真撮影はしたいかな」  −−ウエディングドレス着せてあげたいなという気持ちは  ひとり「本人がそういうならお金もかからなくていいかなと」  −−おじいさんの大沢親分(大沢啓二・元日本ハム監督)と会ったときも会話がはずまなかったと聞いてますが?  ひとり「野球の話が僕できないんです。あんまり野球のこと、知らないから」  大 沢「うちのおじいちゃんが人生の教訓をずっと…」  ひとり「すごくいい六本木の中華屋さんに連れて行ってくれたんですが、そこのチャーハンがすごくおいしかったんですね。そのチャーハンをどうしても犬に食べさせたい、とおじいちゃんがいっていて、でも『犬はネギが食えねえんだ。ネギどうしたもんかな』と。それで彼女がネギだけ取り除いてちっちゃい袋に入れてたね」  −−おじいちゃんに結婚のことは報告したんですか?  ひとり「それは親分の方から言ってくれたんです。彼女がトイレに行っているときに、『おまえ、あいつと結婚するのか』と。それで『そのつもりです』と言うと、『頼むな』と。男同士の話だからね、内証にしてたんですが」  −−おじいさんからなにか一言あった?  大 沢「『2人で力を合わせていい家庭をつくっていけ』と。うちのおじいちゃんは『野球選手以外ならいいぞ』といってくれていたので」  −−改めて、これから家庭を築く決意を  ひとり「むちゃいいますね。いやあ恥ずかしいな。どうするよ、あかねたん?」  大 沢「省吾たん、これからもよろしくお願いします」  ひとり「一生懸命頑張って、共働きで、将来『いい旅夢気分』とかに出られるようなおしどり夫婦になろうね」  −−23歳での結婚に不安はないか?  大 沢「父が小さいころからいないので、お母さん一人で育ててくれたので、家庭にあこがれがあるんです。そのときに王子様のような彼が現れてくれたので。いまは不安というより、また家族が増えて、どんな家庭ができるのか、ドキドキワクワク期待感の方が大きいですね」  −−お母さんには嫁に行く気持ちをどういう風に伝えた?  大 沢「昨日電話して、明日会見しますと。そうしたら、『おめでとう』と一言だけ。それだけで私には十分伝わったので、電話を切りました」  −−劇団ひとりから劇団2人に改名する予定は?  ひとり「ないです」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090217-00000631-san-ent
大沢あかね 画像 大沢あかね 画像 大沢あかね 画像 大沢あかね 画像 大沢あかね 画像
劇団ひとり 大沢あかね 結婚発表記者会見 2ショット
Sponsored Link

検索


サブコンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。