叶恭子、大胆ベッド・シーンに挑戦

芸能・タレント・お宝画像のブログ

プロフィール

アイドル 水着

プロフィール欄です。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

芸能人のお宝画像、女優のお宝画像、さらにはハリウッドの女優、俳優、スポーツ選手まで水着、ヌードなどのセクシー画像も多数掲載。

アイドル 水着

Sponsored Link

叶恭子、大胆ベッド・シーンに挑戦

叶恭子、大胆ベッド・シーンに挑戦も「演技ではなく日常」 叶恭子が原作を手がけ、自ら出演もした映画『イル・ベント・エ・レ・ローゼ 愛するということ』が5月に公開されることが決定し、17日、都内で記者会見が行われた。 『イル・ベント…』は叶の著書『トリオリズム』をベースに、厳格に育てられた花売りの娘が、妖艶な美女KOKOと出会い、自らの心と身体を解放するまでを描いた作品。オールイタリアロケを敢行し、監督、脚本など、女性の製作スタッフで撮影された。 KOKO役の叶は劇中で大胆なベット・シーンやフル・ヌードにも挑戦しているが「この映画は私の日常を(妹の)美香さんがプライベート・ビデオで撮っているようなもの。何かを演じたわけではなく、ナチュラルな表現をしただけ」とあくまでも“素の自分”であることを強調。また、“女性による女性のための映画 ”を作りたいという想いから、監督やスタッフなど「すべてにおいて“女性”であることにこだわった」とコメントした。 監督を務めたエリーザ・ボロニーニは「彼女とは感性が似ていて、言葉の壁はありますが意志を通じ合うことができた」と叶を称え、共演者のマリア・コッキャレッラ・アリスメンディも「撮影現場で温かいアドバイスをたくさんもらいました。恭子さんはとてもスイートな人」と絶賛。「演技ではなく、私の日常」と語る本作がどのような内容になっているのか気になるところだ。 『イル・ベント・エ・レ・ローゼ 愛するということ』 5月より新宿バルト9、梅田ブルク7ほか全国ロードショー http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090217-00000004-pia-ent
叶恭子 画像 叶恭子 画像 叶恭子 画像 叶恭子 画像 叶恭子 画像
叶姉妹 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 叶姉妹(かのうしまい)は、叶恭子(かのう きょうこ、1962年10月7日 - )と叶美香(かのう みか、1967年9月23日 - )の2人からなるユニット。実の姉妹ではない。「トータルビューティーアドバイザー」「トータルライフアドバイザー」「ライフスタイルアドバイザー」を自称。 叶 恭子 かのう きょうこ 叶 恭子 プロフィール 別名 小山 恭子(本名及び旧芸名) 杉本 エルザ(旧芸名) 愛称 Coco 生年月日 1962年10月7日 現年齢 46歳 出身地 日本・大阪府大阪市城東区 血液型 O 公称サイズ(2007年時点) 身長 / 体重 168 cm / ― kg スリーサイズ 96 - 56 - 90 cm 単位系換算[表示] 身長 / 体重 5′ 7″ / ― lb スリーサイズ 38 - 22 - 35 in 活動 デビュー 1980年頃 ジャンル タレント モデル内容 グラビア 他の活動 トータルビューティーアドバイザー・トータルライフアドバイザー(自称) モデル: テンプレート - カテゴリ 本名小山恭子。大阪市城東区出身。帝国女子高等学校(現・大阪国際滝井高等学校)中退。 * 叶姉妹では姉(長女)の設定。「美香には少し厳しいが、全ての世話を美香にやらせており美香がいなくなると困ってしまう」というように、奔放で世間知らずな姉の役としている。 * 高校中退後、様々な職種を経て、本名の小山恭子の名でファッションモデルとして活動。 * モデル名鑑によるとオスカープロモーションに杉本エルザという芸名で所属していた(本人は否定)。当時の活動は、エキストラとして以外は特に経歴に残るものはない。 * 1984年頃から叶恭子と名乗り始め、グラビアやカラオケビデオなど、肌を露出した仕事を始める。 * 愛称の「ココ(Coco)」は主に取り巻きメンズ達が使用している[2]。 叶 美香 かのう みか 叶 美香 プロフィール 別名 玉井 美香(本名及び旧芸名) 玉乃 ヒカリ(旧芸名) 生年月日 1967年9月23日 現年齢 41歳 出身地 日本・愛媛県西条市(旧:東予市)出身大阪府松原市育ち 血液型 O 公称サイズ(2007年時点) 身長 / 体重 170 cm / ― kg スリーサイズ 98 - 58 - 91 cm 単位系換算[表示] 身長 / 体重 5′ 8″ / ― lb スリーサイズ 39 - 23 - 36 in 活動 デビュー 1985年頃 ジャンル タレント モデル内容 グラビア 他の活動 トータルビューティーアドバイザー・トータルライフアドバイザー(自称) モデル: テンプレート - カテゴリ 本名玉井 美香。愛媛県西条市(旧:東予市)出身大阪府松原市育ち。樟蔭東高等学校、夙川学院短期大学児童教育学科卒業。 * 生年月日はサッカー選手の中山雅史と同じである。 * 第20回1988年ミス日本グランプリ。 * 小学校教諭二種免許を所持している。 * 高校時代、本名である玉井 美香の名で阪神タイガースを応援する番組「週刊トラトラタイガース」に番組アシスタントとして出演。 * 1988年、日本テレビ系の深夜番組「11PM」のカバーガールとして月曜日にレギュラー出演。 * その後、某プロデューサーの肝煎りで玉乃ヒカリと改名、グラビアアイドルとして活動していた。当時もテレビ出演などの経験があり、新人としてはそこそこ売れていた(叶恭子に比べれば、芸歴では圧倒している)。 * 叶姉妹では奔放な姉のフォローをするしっかりものの妹(三女)の役。恭子と一緒に出演するだけでなく、単独でのテレビ番組出演も多い。姉の行動に振り回されることもしばしばだが、それをよくテレビでネタにするなど、したたかな性格でもある。 * 2000年、映画「サルサ」の主題歌を日本語でカバーしたシングル「サルサ!アマイエクスタシー」をインディーズよりリリース(製造元は東芝EMI)。恭子が作詞を担当。オリコン初登場152位、2週目176位。 * 2004年、スーパービューティーミカリン+K with キューティーモンすたーズ名義で「O・SU・SO・WA・KE〜プルプルンのキュッのボン!〜」をリリース。自身が出演していた教育番組『モンすたージオ』テーマソングの他、DHCのCMソングとしてもオンエアされた。 * 2006年4月3日、美香を被写体に恭子が撮影したという触れ込み(実際に撮影したのは素人の恭子ではなく、写真集やDVDのパッケージなど叶姉妹関連の仕事の多いカメラマンの大川直人によるもの)のヘアヌード写真集「Sweet Goddess」が発売された。男性はもとより女性にも広く支持され、20万部を突破するベストセラーとなる。 過去のメンバー 叶晴栄(かのう はるえ) * 本名小山晴栄。「はるゑ」の表記もあり。 * 次女(の設定)。恭子の実の妹。  * デビュー当初からしばらく3人で活動していたが、結婚を理由に脱退。2000年に離婚後は、姉妹のマネージャー役を務めているとされていたが、恭子は「婦人公論」2007年8月号のインタビューで、「マネージャーは美香さん以外にはできません」と晴栄のマネージメントを否定した。また、晴栄が二度、結婚と離婚をしていたことも明かされた。 * 叶姉妹と何度か共演したことのある伊集院光は晴栄の印象について「世間ではマネージャーと噂されているが、確かに現場には来ているが、マネージャーらしき行動はしていなかった。何もせず、ただいるだけだが、前室で出演者に用意された菓子を堂々と食べていた」と語っている[3]。 * 2007年1月に行方不明となる(後述)。  芸風 元々は個別に芸能活動をしていたが(後述)、注目を浴びるようになったのは雑誌『25ans』のスーパー読者として登場した事から。2人は設定上は異父姉妹だが、実際は姉妹でも異父姉妹でもない。まれに誤解されるが、叶姉妹は芸能ユニットであり、メディアでの行動や発言は、あくまで商業上の設定に基づく職務として行っているものである。また、ユニット結成当初は「三人姉妹」であった。恭子と美香の間に次女 ・晴栄(はるゑ)がおり「叶三姉妹」として取りあげられていた。結婚を理由に脱退したが2000年に離婚。その後は2人のマネージャーをしていたが、2007年1月より行方不明(後述)(晴栄は恭子の実の妹)。 テレビ番組などに出演し始めた当初は「親が大変なお金持ちであるため、自分達もお金持ち」という設定を使っていた。これはアメリカで注目されているヒルトン姉妹の日本版ということで叶姉妹を売りたかったためと思われるが、この設定を本気にした多数の人間が2人の実家におしかけ、寄付を求めたりセールスをしたりと大変な騒ぎになったため、この設定は封印された。実際の2人の両親は、普通の生活水準である。恭子は「私たちはある事情で家族、親類と過ごした時間が少ない。」と明かしている[4]。また、「基本的に子供時代の話はNGとさせていただいている」と語っている[5]。 ゴージャスな衣服を身にまとい、豪遊しているが芸能活動以外の収入源が謎だということを宣伝することにより、「個人スポンサーが付いているのではないか」「海外セレブ相手の高級娼婦ではないか」という設定が、バブル崩壊後のデフレや質素倹約が叫ばれる世情の中で非常に目立ち、よく受け入れられた。「お金持ちの芸能人」という分かりやすいキャラクターを提示したことが、成功の秘訣だったと言われる。 職業 職業については疑問点が多いが、「トータルビューティーアドバイザー」「トータルライフアドバイザー」と自称する。本人曰く、普段、皆が行っている事を叶姉妹らしくするというもので、ユニット名である「叶姉妹」は自分達の職業の名前でもあるという[1]。衣服や宝石などは、その企業が広告主となって宣伝のために提供している。これを叶姉妹が「自分で選んだ」という設定で宣伝している。彼女らが自称する職業を分かりやすく言い換えれば、巧妙な宣伝・広告のためのファッションモデルである。テレビ番組に出演する事も多く、映画の試写会には招待されていることが多い。テレビに出演するとき、夏でも冬でも常に露出度の高い(特に胸を露出)ノースリーブで出演している。 以前は関西ローカルのスパワールドのCMに出演していたこともあるが、現在は、DHCのCMキャラクターとしても活動中。同社の会誌などにも美香が時折掲載される。キッズステーションで放送される小児向け教育番組『モンすたージオ』にCGキャラクター「スーパービューティー」として出演。「ココ」(恭子)と「ミカリン」(美香)。 用語 メンズ 自身の取り巻きである男性のことをこう呼んでいる。その中でも特別に容姿端麗な男性の事を「グッド・ルッキング・ガイ」と呼んでいる。 恭子の好みからメンズのほとんどは、20代前半のアジア人以外の男性[6]で世界的に活躍するスーパーモデルが多いという[7]。メンバーはよく変わる[8]。 ブログ アメーバブログにて2009年1月9日に開設、ブログ名は『ABUNAI SISTERS』。これは叶姉妹をモデルとしたアニメーションの名前からとったもので、「ABUBAI(危ない)」は恭子が考えたようで、アメリカのドラマ『HEROES/ヒーローズ』内でマシ・オカ演じるヒロ・ナカムラが発して世界的に流行った「ヤッター!」に続いて流行らせたいと思っている日本語だという[9]。 評価 男性のみならずライフスタイル自体を崇拝する女性からも支持される。極端なゴージャス指向を批判されながらも、彼女達のバラエティ番組におけるトークは日常生活のことをネタにしていたり、特に美香は姉とのエピソードを自虐的に語っており、それに対するツッコミについても軽い冗談を織り交ぜて自ら笑い飛ばすことから、近年、他人を毒舌でネタにするタレントが多いこともあり、この様な自虐的な態度が評価されている面もある。 エピソード ※ただし、以下のエピソードは本人談の芸能設定を多分に含む。 * 「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)で一回の食事で32万円を費やし、好きなものが結果的には高価な物だと発言。「山ほど頼んで、山ほど残す」事も多々あると語る。 * 様々なプレゼントをされ「超有名宝石ブランドのVIPルームで宝石を選び放題」「クリスマスツリーに(クレジット)カードがぶら下げてある」等。数々の高級品をプレゼントされている為。今まで一番嬉しかったプレゼントは島の権利書、株券等[10]。  * 独特の美意識が強く、すっぽんの生き血にまだ鼓動する心臓を沈めて飲み、また肉も毎日食べる。その反面ファーストフードなどのB級グルメは、番組の企画であっても絶対進んで口にしたがらない(特に恭子に見られる)。シャンパン風呂、サムゲタン(韓国料理で丸鶏や若鶏を用いた薬膳スープの様なもの)の風呂に裸で入浴をする。2人曰く体全体でコラーゲンを吸収出来るらしいが、専門的な見解は一切無い。 * 『芸能人格付けチェック』で色々な一流品と一般品を見極めるコーナーで唯一、叶姉妹だけが12問連続正解し「一流芸能人」の座を守った。 叶恭子 * メンズ、いわゆる異性関係については、スーパーモデル等総勢100人近くおり「必需品」と語る。大人数な為、名前がよく被り、被り易い名前は「スチュアート」と「リチャード」。被ってしまうと1号、2号と付け区別する。電話がかかってきて、美香が「リチャード1号から電話ですよ」と取り次ぐと、1号にも関らず、3号と勘違いして会話している事もよくある。デートする人も曜日で分かれている。ホテルの大部屋で大勢の男性達を裸にさせ「人間チェス」を楽しんだり、カラオケに行き自身も全裸となり歌ったり、男性に跨り「お馬さんごっこ」をしている(その後複数で夜もこなすそう)。これを「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で話し、共演者全員驚いていたが平然と「チェスの人間版ってだけの事ですもの」と言い放った。恭子にのめり込み過ぎてノイローゼになり母国に帰ったスーパーモデルもいたそう[11]。同時に愛することの出来る男性の人数について「時間的にも肉体的にも6人までなら、男を同時に平等に愛すことができます」と「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で発言した。 * 自分が不利になると「美香さんがそう言えって」「ねぇ、美香さん」と言う。  * 気に入った男性を見つけると美香を使ってナンパさせ、捕まえるまで追わせる。  * 美香が将来結婚したらその旦那を姉妹共有の性玩具として夜を楽しみたいという願望がある。 * 自信に溢れた雰囲気とは裏腹に照れ屋である。  * 自宅の中では全裸で生活していると語る[1]。 * 変わり者の多い芸能人でも、理解困難な数々の驚くべき発言から「空飛ぶグータン」(フジテレビ系)に出演した際「30秒に1回面白い事を言う女」と紹介された。  * 「結婚はお金の為にする。それ以外に何の目的があるというのか」と豪語しており「踊る!さんま御殿」(日本テレビ系)で明石家さんまに「どんな人と結婚したい?」と聞かれると「小さな国でも構わないので、王様ですかね」と答えた。もし結婚した場合も美香と一緒に暮らし、美香が先に結婚した場合も付いて行くという。 * 「毛皮コートは汚れたら新しいのを買えばいいじゃないですか?」と発言した。 * 深夜に美香がスケジュール管理をしている時に毎晩の様にデートに行く模様で、「爆笑問題の検索ちゃん」(テレビ朝日系)で太田光に「美香さんは大変そうですけど?」と聞かれると「やるべき事をやっているだけ」と答えた。 * 本屋に行くと、昆虫図鑑を中心に10〜15万円は購入する。本屋に限らず買い物の荷物持ちは男性達である。買い物はいつも衝動買いであり「最終的には買うのが遅いか早いかだけ」と語っている[12]。 * 「ダウンタウンDX」に出演した際は必ずグロスについてイジられ、松本人志に「唐揚げ食べられたんですか?」や「1人だけ本番前に天ぷら食べて」とよくネタにされる。 叶美香 * 着用しているものは姉のお下がりであると語っている[10]。 * 好奇心旺盛からか「爆笑問題の検索ちゃん」に出演した際、恭子に「とにかく事細かに聞いて店員を困らせる事がある」と暴露された。  * ゴルフが得意。芸能人ゴルフコンペに単独で出場している姿がマスコミでもよく取り上げられる。 * 連夜姉の世話に追われ、なかなか彼氏が出来ない。また「付き合っている人やいいなと思う人は、なぜだか皆、姉に奪われるんです。いいなぁと思う人は、次回食事する時はだいたい姉とピッタリくっついているんです。そして1度奪われたメンズは決して帰ってこないんです。」と発言している。この発言に対して恭子は、「奪っているんではなく、勝手に来るんですよ〜」と発言した。ちなみに好みのタイプは「誠実な人」[10]。  騒動 次女・晴栄失踪 2007年2月9日放送回の「おはよう朝日です」(ABCテレビ)で芸能レポーターの井上公造が、晴栄は恭子の3億円以上する10カラットのダイヤモンドの指輪、ダイヤモンドが散りばめられた時計や他のジュエリーを付けたまま姿がわからなくなり、恭子が警察署で捜索のために相談していると語った。その後、「女性セブン」誌の報道を機に晴栄の失踪は広く知られることとなった。各種報道機関によって「叶姉妹が宝石や衣装保管の為に借りた家賃60万円のマンションに住んでいた」「そのマンションに保管してあった宝石・高級家具など5億円相当を持って逃げた」「現在消息不明」「警察に被害届けが出された」ことが報道されている[13]。   叶恭子の代理人の弁護士弘中惇一郎による2月22日の緊急会見で、1月26日に叶姉妹に晴栄と連絡が取れないとのことで相談を受けマンションに行ってみると鍵が付け替えられていて、同28日に心配して晴栄の部屋に行ったところ、もぬけの殻というよりも綺麗に掃除されていたとのことだった。使い古しの家具などは、残っており選別した形跡があったことから、「計画的なことが伝わってきた」として、2月6日に被害届のコピーを提出。その後、警察から連絡があり、正式な文書として被害の目録を付け14日に受理された[14]。晴栄は2月17日に弁護士とともに警察に出頭し事情聴取を受けた[15]。 書籍「Love&Sex」の発売時期とほぼ重なる形で今回の騒動が話題となった為に、書籍の宣伝ではないかと疑惑を持たれたが恭子、美香共に「その様な事はありません。書籍の内容と今回の件がリンクしているとは思えません」と否定し、涙ながらに訴えた[16]。取材をした井上公造曰く、恭子は実妹である晴栄が失踪したことで相当気を病んでおり、電話口でも疲れている様子が分ったという。恭子らは持ち逃げされた宝石などの行方よりも晴栄の事が心配であると語り、今回の騒動でストレスからか4kg痩せたという。 2007年2月27日に恭子の弁護士が会見を行なったが、晴栄は「自分のもの以外は持ち出していない」「3億円相当といわれている10カラットのダイヤモンドだけども、あんなのは1000万円程度の価値しかない」などと語っているという。一方の恭子は晴栄に対して刑事告訴(業務上横領)と所有権に基づく引き渡し請求を行う事を決めている。 恭子は「婦人公論」2007年8月号に手記を寄せた。『母ががんで闘病をしていた際、妹が介護をしているというので相当な額の送金もしていた。介護していたはずの3年半の間、ベルギー人の恋人と暮らしていたようなんです』[17]と暴露する一方で、『ただ、謝ってくれさえすればいいんです。手遅れなんて事は死ぬまでありませんから。』と述べている。 2007年7月6日、恭子が警視庁赤坂署に提出した刑事告訴状が受理された。親族間の窃盗、横領は立件するのに事件から6か月以内の告訴が必要な親告罪であることから7月に告訴状を提出したという。被害額はダイヤモンド、ドレス、家具など総額2億7,000万円とのこと[18]。 実父による殴打事件 2007年12月、東京都の幾つもの電柱に「叶姉妹は金を返さない」と書かれたビラが貼られる[19]。 2007年12月25日、姉妹が都内のマンション地下駐車場で男に傘で殴打される事件があった。男は恭子の実父で金を無心したが断られたため、激高して美香の持っていた傘で二人を次々に殴打したという。恭子の父親である容疑者(72歳)は通報により暴力行為等処罰違反の現行犯で逮捕された。またこの事件により、事件当時の恭子の実年齢が45歳であることが改めて広く知られるようになった[20]。 この件に関して、「週刊新潮」は2008年1月17日号に「『実父逮捕』でバレちゃった『叶姉妹』のヒミツ」と題する記事を掲載。2008年1月11日、恭子は記事によって名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社に1100万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。訴状によると、原告側は「あくまで親が一方的に金を無心したにすぎない」と主張し、恭子本人も「誤った報道で名誉を傷つけられることは遺憾」とコメントした[21]。 作品 * 『Kyokokano+Mikakano SUPER BEAUTY』ポニーキャニオン(2003.5)  * 『叶姉妹:MIRAGE』ポニーキャニオン(2002.12) * 『KanoSisuteha'FABULOUS MAX』ポニーキャニオン(2004.7)  * 『KYOKO KANO+MIKA KANO LOVE&BEAUTY II KISSING』ポニーキャニオン(2001.9)  * 『LOVE & BEAUTY3Loving』ポニーキャニオン(2001.10)  叶恭子 * 『叶恭子のスーパービューティー・ボディメイキング』  * 『HEAVENLY BEAUTY Kyoko kano'S Non-Fiotion』発行:ポニーキャニオン、発売:抹桑社  * 『叶恭子・トリオリズム(3P)』小学館(2006.1)  * 『INNOCENTBEAUTY-叶恭子フォトエッセー-』ポニーキャニオン(2000.12) 杉本エルザ(叶恭子の旧芸名) * 『「どうぞこのまま」(丸山圭子)のカラオケのビデオ映像』東映 叶美香 * 『MIKA KANO 叶美香 INNOCENTBEAUTY』ポニーキャニオン(2000.11)  * 『叶美香 INNOCENTBEAUTY II~VACANCE WITHANGELIO MIKA~』ポニーキャニオン(2000.12)   * 『Sweet Goddess』バウハウス(2006.4)  * 『Sweet Goddess II』バウハウス(2006.11)  * 『おっぱいにつまっているもの 気くばり目くばり思いやり』講談社 (2008.9) CD * 『サルサ!アマイエクスタシー』(2000.9)  玉乃ヒカリ(叶美香の旧芸名) * 『私をスキーに連れてって』ホイチョイ・プロダクションズ(1987) * 『11PMカバーガール』日本テレビ(1988) * 『ハラスのいた日々』映画:松竹(1989) * 『Be Cool!』写真集:大陸書房(1989.10) * 『どっきんアイランド』ビデオ:大陸書房(1989) * 『南の島のドッキンハンター』ビデオ:大陸書房(1990) テレビアニメ * 『ヤッターマン』(第2作)ytv・日テレ系(2008年2月25日放送分) 第7話「セレブ姉妹もつらいよだコロン!」に叶恭子・美香共に実名のゲストキャラクターとして出演(声優として)。 オリジナルアニメーション * 『ABUNAI SISTERS』 2009年3月5日発売。叶姉妹をモデルとした3DCGアニメーション。ショートエピソード10話収録で、イラスト原案は松下進が担当。「集まるほど安くなるギャザリングシステム」を採用しており、初値30,000円から累積購入申込み数で段階的に販売価格が下がる方式で、90,001枚以上販売で底値2,500円になる予定。先着予約者500枚に発売記念パーティへの招待権、エンドロールへの名前を記録の特典、1000枚までには非売品フィギュア、2000枚までには直筆サインが付属する予定。 当初の予約締め切り日は2009年1月29日であったが、29日時点で約150枚ほどしか予約数が無かったので、急遽2月20日まで受付期限を延長した[22]。 人形 * タカラ叶姉妹ゴージャスドール/グラマー o 姉妹セットの人形。2体共、赤のドレスを着用。大きな違いは細かいデザイン、装飾品、恭子人形には白のケープがついている。 * タカラ叶姉妹ゴージャスドール/ミューズ o 上記の同人形別バージョンセットで、2体共マーメードスカートのドレスを着用。大きな違いはスカートの裾のデザイン、ドレスの色が恭子人形はゴールド、美香人形はシルバーである。
Sponsored Link

検索


サブコンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。